高脂血症やその他症状の検査はお早めに|内科で透析しないかい

医者

血管を健やかに

医者

脂っこい食事などを日常的に摂取していると、血中のコレステロールが高まってしまいます。そのような状態を高脂血症と言います。高脂血症になると、悪玉コレステロールが増えてしまいます。悪玉コレステロールとは、血管壁内に付着しやすいコレステロールです。血管に付着したコレステロールは、動脈を硬くしてしまいます。このような症状を、動脈硬化と言います。動脈硬化の症状が出ると、心臓に大きな負担をかけてしまうようになります。血液の循環に支障をきたしてしまうので、臓器や細胞に悪影響を及ぼします。最悪の場合は臓器が壊死してしまうこともあります。また、硬くなってしなやかさを失ってしまうことによって、血管が破れやすくなってしまいます。このような症状が出ると、命に関わる大病を招きます。

高脂血症によって増えた悪玉コレステロールは、血管に付着します。血管に付着して硬くなった悪玉コレステロールが剥がれて血中に流れだしてしまうと、血管を詰まらせてしまうことがあります。血液が循環しなくなってしまいますので、様々な悪影響があります。脳梗塞や、肺血栓といった死に直結する病気を招いてしまいます。このような症状を防ぐ為にも、高脂血症を予防、改善出来るようにしましょう。血中のコレステロールを燃焼する為に、適度な運動を行いましょう。運動を行うことによって、中性脂肪を減少させる働きをする善玉コレステロールを増やすことができます。食生活も、野菜や海藻、魚中心の食事メニューにするように心がけましょう。このような生活習慣の改善が、高脂血症の症状を予防するのに欠かせません。